入会・支援希望について

最終更新:
2014年12月07日

入会までの流れ

手紙

千葉大学ノートテイク会は、人手がとても不足しており、協力してくださる方を募集しています。

なお、手話などの特別な技術は必要ありません。

※ただいまテイカー募集は学内の方に限らせていただいております。ご了承ください。

入会までの流れを説明します。

あなたが会へメールを送ることから、全ては始まります(メールはお問い合わせから送ることができます)。

メールを送ると、面会や見学等に関する返信がきます。 活動場所である「会の部屋」は千葉大学西千葉キャンパス、総合校舎A203にあります。

また、授業期間にはほぼ毎週練習会も開催しているので、詳しい日程などはツイッターをご覧ください。

面会と見学の後、ノートテイク活動を続ける意志が固まれば、登録用紙を提出することで、入会できます。なお、登録用紙はメールでお送りできますし、直接会の部屋に来ていただいても構いません。

謝礼金

授業内、入学式などで実際にノートテイクを行った方に対しては、大学から謝礼金が支払われます。

練習会など、実際の授業以外の活動には謝金が発生しないのでご了承ください。

支援希望の方へ

 千葉大学では、障害者手帳を持っていない難聴の方や、今までノートテイクを受けたことがない方へも講義や演習の情報保障を行っています。

 まずはお気軽にお問い合わせください。個別に対応させていただきます。

支援体制についての大学HPへのリンクはこちら

ノートテイク会は、聴覚障害学生への支援に特化して、大学の一機関として活動しています。

© 2006-2015 千葉大学ノートテイク会